Salud Dental Para Todos

 

国際齲蝕検出検査システム(ICDAS II)

D.D.S. Marcelo Alberto Iruretagoyena

歯の表面の目視検査のためのプロトコル

ICDAS基準を使用するためには、臨床実務において、審査官が各う蝕コードを正確に評価することを可能にするために、以下の条件が不可欠である。

  • 義肢装具の場合は、取り外し可能な義肢を口から取り外すように患者に依頼する

  • 5000ケルビンの光で手術野を照らします。

  • 歯ブラシを使って滑らかで咬合面から細菌性プラークを取り除き、トリプルシリンジでその領域を洗います。

  • 歯の表面から表面の汚れや歯石を取り除く

 

  • 湿度を調整するには:

    • 頬に綿ロールを置きます。余分な唾液を取り除くために空気を当てる

  • 濡れた表面を目視で確認します。

    • 患者の右上の四分円から始める

    • 時計の針の向きを続けます

    • 最初に目視検査は湿った表面で行われます。

  • 乾式目視検査を行うために5秒間トリプルシリンジで乾かす

  • エナメル質および象牙質の構造的完全性の喪失を慎重に検査するためにプローブを使用する

プローブ

検査を実行するための歯の表面の限界

虫歯の登録が標準化されるように、歯の表面の限界を知らなければならない。歯の表面は、垂直方向から見たときに2つの歯の表面の間の二面角によって制限される

正中線付近の歯の表面

 

咬合面

 

遠位面

 

前庭面

 

口蓋の舌または表面。

Salud Dental Para Todos

このウェブサイトに掲載されている情報は、公衆衛生を促進し保護する目的で使用されなければなりません。商業目的には使用しないでください。

Eメール: D.D.S. Marcelo Alberto Iruretagoyena

ワイルド。ブエノスアイレス州。アルゼンチン

改訂:2018年9月